大通りから奥まった、落ち着いたポジション。 大通りから奥まった、落ち着いたポジション。

LANDPLAN

外観完成予想図

外観完成予想図

独立性の高い二方角地に誕生。

高い独立性と通風性を実現「1フロア2邸」

1フロア2邸の住戸配置により全邸角住戸を実現。住まいの3面に窓を設けた、通風性に優れた住空間を計画しました。またバルコニーに面する窓には、ワイドなサッシを採用しています。※Aタイプはダイニングの窓に採用

フロアプランイメージイラスト

明るさと開放感を享受「全邸南向きワイドスパン」

陽光が降り注ぐ開放感あふれる住空間にこだわり、全邸南向きを実現。さらにAタイプ、Bタイプともにワイドスパン設計としました。陽光が降り注ぐ、明るく爽やかな住空間が魅力です。

専用感覚で利用できる2WAYエレベーターを採用。

個邸としての設えを追求し、2方向に出入口を設けたエレベーターを導入しました。居住階に到着すると、お住まいの住戸側のみ扉が開閉。日常的に我が家の前を他の住人が行き来する機会がないため、高いプライバシー性が保たれます。

2WAYエレベーター概念図(イメージのため仕様・デザイン等は異なります)

各住戸前に我が家感覚のオーナーズホールを配置。

2WAYエレベーターの採用により、住戸前を日常的に利用するのはお住まいの方のみ。そのメリットを活かし、各住戸前に我が家感覚で使えるゆとりの空間「オーナーズホール」を設けました。便利なサイクルスペースも確保しています。

オーナーズホール当社施工例(自転車は販売価格に含まれません)

1階エントランスから我が家へ、ハンズフリーでスムーズアクセス。 1階エントランスから我が家へ、ハンズフリーでスムーズアクセス。

  • 当社施工例

    ハンズフリーでオートロックを解錠。

    スマートドア共用部システムにより、ポケットKeyを鞄などに入れたままでオートロックが解錠。オートロックの解錠と同時に、自動でエレベーターが1階まで降りてきます。

  • 当社施工例

    リーダーの検知範囲に入ると扉が開き、居住階を自動登録。

    ポケットKeyを鞄などに入れたままリーダーの検知範囲に入ると扉が開きます。エレベーターにお住まいの住戸が自動登録されるため、ボタン操作の必要はありません。

  • 当社施工例

    通路側からは自転車でそのままエレベーターへ。

    通路側からもエレベーターホールと同様の操作にて扉が開き、居住階が自動登録されます。また、自転車と共に直接エレベーターに乗り入れていただけます。

  • エレベーターを降りたら我が家、ドアハンドルのボタンで解錠。

    居住階に到着すると、お住まいの住戸側のみ扉が開閉。ポケットKeyを身につけておくと、ドアハンドルのボタンを押すだけで玄関ドアの2つのカギが解錠されます。

敷地内・建物内の安全を守る「トリプルセキュリティ」

リングシャッターやオートロックなどによる1次セキュリティ、エレベーターなどによる2次セキュリティ、そして各住戸には電気錠の玄関ドアをはじめ、防犯センサーや来訪者を映像で確認できる玄関前カメラにより3次セキュリティとしての機能をもたせ、敷地内・建物内への侵入を困難にするトリプルセキュリティを導入しています。

  • 01.リングシャッター

    駐車場の出入口には、不審者と部外者の車の侵入を抑制する、防犯性の高いリングシャッターを設けています。

  • リングシャッター(当社施工例)

    リングシャッター(当社施工例)

  • 02.備蓄倉庫

    防災用トイレなどの非常時に役立つ備品を備えた備蓄倉庫を設置し、万一の災害に備えています。

  • 03.共用洗い場

    建物に入る前に、自転車のタイヤ洗浄や散歩後のペットのケアなどができる洗い場を設置しています。

  • 04.宅配ボックス

    エ24時間対応の宅配ボックスを設置しました。外出時など不在時の荷物の受け取りに便利です。

  • 歩者分離設計

    二方角地の敷地形状を活かし、人と自動車、バイクの動線を分離。敷地内の安全性に配慮しています。

ランドプランイメージイラスト

  • 資料請求
  • 来場予約

※掲載の完成予想図・概念図・イメージイラストは設計図を基に描き起こしたもので官公庁の指導、施工上の都合等により建物の形状・色調・植栽等に変更が生じる場合があります。 外観形状の細部、設備機器、周辺の建物・電柱・電線は、省略または簡略化しております。
植栽は計画段階のもので変更になる場合があります。また特定の季節、時期、または入居時を想定して描かれたものではありません。 葉の色合い、枝ぶりや樹形は想定であり、竣工時は外観完成予想図程度には成長していない場合があります。予めご了承ください。

pagetop